あなたにあったキャッシュレスは?各決済方法の特徴まとめ

あなたにあったキャッシュレスは?各決済方法の特徴まとめ

先日、クレジットカード以外でも、
お得な還元を受けられることを説明しました。

お得なのはクレジットカードだけ?

キャッシュレスにすることで、
現金よりお得なのはわかっていただけたのではないでしょうか?
今回は、
「最近キャッシュレスといってもまだよくわからない」
「どういうものを選んだら良いの?」
という方に、
それぞれの決済方法の種類と特徴を説明します。

キャッシュレスとは?

そもそもキャッシュレスとはなにかから簡単に説明します。

一言で言えば、

現金以外の決済手段

です。

クレジットカードはもちろん、
今では当たり前に使われるSuicaやWAON、Edyなどの
電子マネーもキャッシュレスです。
最近のはやりのPayPayやLINE payなどのコード決済もキャッシュレスです。
他にも、VISAなどの国際ブランドのプリペイドやデビットカードもありますし、
実は、光熱費の支払いなどの口座振替もキャッシュレスと言えます。

意外と身近なところに既に浸透していて、
皆さんも使っていることと思います。
つまり、何も難しいことはないのです。

キャッシュレスの種類

今回は以前分類したキャッシュレス決済について、
それぞれの特徴をまとめてみました。
(以前の記事でも書きましたが、下記分類は少し誤っています。
正しい分類については、いずれ載せたいと思いますが、
日常生活で使われる分類に近いのではないかと思います。)

今回説明するキャッシュレスの種類は以下です。

  • プリペイドカード
  • デビットカード
  • クレジットカード
  • 電子マネー(プリペイド式)
  • コード決済(プリペイド式)

電子マネーとコード決済にはポストペイ(後払い式)もありますが、
ポストペイ式は、クレジットカードと紐づけて使われるため、
クレジットカード欄を見ていただければ良いと思います。
(決済方法は違うので、決済スピードなど、少し差はあります)

それぞれの決済がどういうものかわからない方はこちらの記事を見てください。

各決済方式の特徴

それぞれの決済方式の特徴を以下にまとめてみました。
各サービスによって、異なる部分はあると思います。
「こういう特徴であることが多い」程度で考えてください。

クレジットカードデビットカードプリペイド電子マネー
(プリペイド)
コード決済
(プリペイド)
現金
入会費
(サービスによる)

(サービスによる)

(基本なし)

(基本なし)

(基本なし)

(なし)
年会費
(サービスによる)

(サービスによる)

(基本なし)

(基本なし)

(基本なし)

(なし)
年齢制限
(18歳以上)

(15歳以上)

(無し)

(無し)

(無し)

(無し)
審査
(有り)

(無し)

(無し)

(無し)

(無し)

(無し)
対応店舗
使いすぎ防止
還元率×
付帯特典
(海外旅行保険など)
×××
分割払い×××××
補償(不正利用)
(補償額上限なし)

(100万円まで)
×
(補償なし)
×
(補償なし)
×
(補償なし)
×
(補償なし)
クレジットヒストリー(*1)×××××
決済スピード×
安全性
サービス例VISA
JCB
など
VISAデビット
JCBデビット
など
Kyash
JCBプリペイド
など
Suica
WAON
Edy
など
PayPay
Origami Pay
d払い
など

*1 クレジットヒストリーについて
クレジットヒストリーは、その人の信用情報であり、クレジットカードの費用やローンなどを確実に返済していれば、良い信用情報が登録され、反対に滞納などがあれば、悪い信用情報が登録されます。
良い信用情報があれば、クレジットカードの審査はもちろん、ローンを組む時の審査が通りやすくなります。悪い信用情報の場合、審査に影響してきます。
信用情報が全く無いのも問題で、30歳以上で信用情報の登録がない場合(これまでに、クレジットカードやローンを組んだことがない場合)は、珍しいため、信用に問題があるとみなされ、これらの審査が通りにくくなるとも言われています。

あなたに合ったキャッシュレス決済はどれでしょうか?
ぜひ、上記表を参考にしてみてください!

キャッシュレスカテゴリの最新記事