マイナポイントとは?やらないと損?基本事項をわかりやすく解説!さらに、お得な活用方法も紹介!

マイナポイントとは?やらないと損?基本事項をわかりやすく解説!さらに、お得な活用方法も紹介!

2020年9月から始まるマイナポイント。

名前こそ聞いたことはあるけど、あまり詳細がわかっていないという人も多いはず。

今回はマイナポイント事業の基本的な知識と申込方法、お得な使い方を紹介します。

この記事でわかること

  • マイナポイント事業の基本的な知識
  • 申込方法
  • ポイントの有効な使い道

マイナポイントとは?

マイナポイント事業とは、マイナンバーカードとキャッシュレス決済を利用したポイント付与の制度です。

マイナンバーカードの普及とキャッシュレスの基盤構築、消費の刺激を目的としています。

利用者のメリットは、登録したキャッシュレス決済にチャージ、または登録したキャッシュレスで支払うことで、ポイント付与を受けられることです。

ポイント付与率はチャージ額または購入額の25%で、上限5,000円分となります。

登録をすれば、チャージまたは普通に買い物をするだけで、5,000円がもらえるので、やらないと損です。

また、2020年6月までのキャッシュレス・消費者還元事業とは別物です。

マイナポイント事業の概要!

マイナポイント事業の概要を簡単にまとめると以下のようになります。

概要選択した決済サービスの利用(チャージまたは購入)時にポイント等を付与
付与率利用額の25% (上限5,000円分)
対象期間2020年9月~2021年3月末
申込期間2020年7月~2021年3月末

付与ポイントは上限5,000円分となっています。

これは利用額に換算すると、20,000円になります。

つまり、20,000円を利用した場合に、上限の5,000円分のポイントがもらえることになります。

また、付与されるポイントは、基本的には各決済サービスが決めたポイントです。

しかし、付与ポイント、利用方法、最低利用額、付与タイミング等は決済事業者が決済サービスごとに決定予定となっています。

また、ポイントをもらうためには事前の申し込みが必要になります。

公式サイトはこちらです。

申し込みは3ステップ!

申し込み方法は以下の3ステップです。

  1. マイナンバーカードを取得
  2. マイナポイントを予約
  3. マイナポイント申込 (2020年7月から開始予定)

既にマイナンバーカードを持っている人はステップ1は省略できます。

また、ステップ3の申込は7月から開始予定で、詳細の方法については現時点では未発表です。

詳細の申込方法については、別途まとめる予定です。

なお、申込開始は7月からですが、対象期間は9月からの予定です。

さらに、注意したいのは、公式WebサイトのQ&Aにこのように書かれています。

マイナポイントの予約者数が予算の上限に達した場合には、マイナポイントの予約を締め切る可能性があります。マイナンバーカードの交付には一定の時間を要するため、申請はお早めにお願いします。

よくあるご質問 | マイナポイント事業

そのため、予約者が上限に達しないうちに、早めに予約したほうが良いでしょう。

申込方法については、こちらをご覧ください。

対象機種でないスマホからでも申請できる方法も載せています。

主要の決済サービスは対象!

決済サービスを1つ選択し、その決済サービスを使用しなければなりません。

では、対象の決済サービスには、どんなサービスがあるのでしょうか?

そもそも決済サービスって何か?と言うところから簡単に説明すると、決済サービスとは、クレジットカードや電子マネーなどの主にキャッシュレス決済を可能にするサービスです。

例えば、Suicaや楽天Edy、PayPayなどと聞くと分かりやすいかと思います。

また、クレジットカードを発行している三井住友カードなども当てはまります。

既に決済事業者の募集は始まっており、公式サイトにも対象の決済サービスが、掲載されています。

代表的なところを挙げていくと、それぞれ以下のサービスがあります。

クレジットカード

電子マネー(FeliCa系)/プリペイド

コード決済

主要な決済サービスは対象になっていることがわかります。

自分が使っている決済サービスが対象になっているかは公式サイトで調べられますので、調べてみると良いでしょう。

どの決済サービスを選択するべき?

多くの決済サービスが対象になっていることはわかりましたが、どの決済サービスを選べばよいのでしょうか?

正直、まだ未発表の部分も多いので、明確な答えは出しにくいところです。

とはいえ、基本的には自分が使いやすい決済サービスを選択することが重要です。

上限の5,000円分をもらうためには、20,000円のチャージまたは購入が必要です。

その20,000円を使いきれる決済サービスを選ぶべきです。

5,000円以上の価値に変えることもできる!?

ここからは、推測も入りますので、未確定情報ですが、5,000円以上の価値に変える方法も、もしかしたら、あるかもしれません。

それは、ポイントの使い道が多く、ポイント交換によって価値が化けるものです。

例えば、三井住友カードの場合で考えてみます。

三井住友カードの付与ポイントはVポイントとなっています。

Vポイントは1ポイント=約1円の価値があります。

そのため、5,000ポイントが付与される可能性があります。

一方で、VポイントはANAマイルに交換ができます。

交換レートはいくつかありますが、ANAカードの一般会員であれば、以下3つがあります。

  • 1ポイント=2マイルコース(2倍コース)
  • 1ポイント=1マイルコース(通常コース)
  • 1ポイント=0.6マイルコース(通常ポイントの交換)

2倍コースは手数料がかかる交換方法で、無料で交換する場合は通常コースになります。

また、ANAカードの場合、Vポイントは「ANAマイル移行可能ポイント」と「通常ポイント」の2種類があります。

ANAマイル移行可能ポイントであれば、2倍コースか通常コースを選ぶことができます。

通常ポイントの場合は、1ポイント=0.6マイルの交換レートでしか交換できません。

もし、付与される5,000ポイントがANAマイル移行可能ポイントであれば、10,000マイルに化けることになります。

しかし、この可能性はきっと少なく、Vポイントは通常ポイントだと予想しています。

そのため、1ポイント=0.6マイルの交換レートになるので、5,000ポイントは3,000マイルになります。

一見、価値が減っているようにも見えますが、1マイルの価値は特典航空券に交換することで、2円以上にもなると言われています。

(交換する特典航空券によって価値が変わります。)

そのため、3,000マイルというのは、6,000円以上の価値に化けることになります。

このようにポイント交換によって、価値が変わるものは、場合によっては、さらに得をする可能性が出てきます。

5,000円でも十分にお得ですが、よりこだわりたい人は調べてみると良いと思います。

こちらの記事で、おすすめの決済サービスについて詳しく紹介しています。

まとめ

  • マイナポイントは利用額の25%のポイント付与が受けられてお得
  • 申し込みには、3ステップある
  • 主要な決済サービスは対象になっている
  • 自分がよく使う、使いやすい決済サービスを選択するべし
  • ポイント交換で価値が化けるものに交換すればさらにお得かも

ポイントカテゴリの最新記事