VISAタッチとは?どこで使える?セキュリティは?使い方は?

VISAタッチとは?どこで使える?セキュリティは?使い方は?

最近耳にするようになってきたVISAタッチ。
今日は、そのVISAタッチとは何なのか?メリットは?安全?使い方は?という疑問にお答えします。

そもそもVISAタッチとは?

国際カードブランドのVISAが提供しているタッチ決済です。
タッチ決済というのは、SuicaやEdyなどの電子マネーのように、カードを読取機にタッチ(かざす)ことで決済する決済方法です。
国内の電子マネーとは、通信規格が異なりますが、利用者側からすれば、使い方は同じです。

VISAだけなのか?他のブランドはない?

いいえ。そんなことはありません。
国際ブランド各社が同様の決済方法を提供しています。
以下は主要ブランドのタッチ決済のサービス名です。

  • MasterCard・・・Mastercardコンタクトレス
  • JCB・・・JCB Contactless
  • American Express・・・American Express Contactless
  • Diners Club・・・なし
  • 銀聯・・・QuickPass
  • DISCOVER・・・Contactless D-PAS

最近はVISAがかなり力を入れて普及活動をしている印象があります。

これらの決済方法は、総称して、以下のように呼ばれています。
いくつも呼び方がありますが、同じものを指しています。

  • NFC決済
  • NFC Pay
  • EMVコンタクトレス(EMV Contactless)
  • コンタクトレス決済
  • タッチ決済

目印は、各社共通して、以下のマークです。
このマークがあるお店で利用可能です。
左側がカードに描かれているマークで、右側がかざす端末に描かれているマークになります。

左側のマークが描かれているカードが、対応しているカードになります。

クレジットカードだけ?

いいえ。

VISAと聞くと「クレジットカード」というイメージが強いのは仕方がないことですが、VISAはカードブランドであり、クレジットカードだけを発行しているわけではありません。
他にもデビットカードやプリペイドカードがあります。

そして、このVISAタッチもクレジットカードだけでなく、デビットカードもプリペイドカードも対応しているカードがあります。
というよりも、現在のところは、VISAタッチに対応しているクレジットカードよりもデビットカードの方が多い印象があります。
対応クレジットカードも増えてきておりますが、これからといった印象です。

で、メリットはあるの?

いくつかあります。
以下が挙げられます。

海外でもそのまま使える

これが最大のメリットだと思います。
国際ブランドの決済方法ですので、海外でも同じように決済が可能です。
つまり、いつものカードでそのまま海外に行けるので、とても気軽です。

実際、約200カ国で対応しており、海外では既に当たり前のように普及しています。
カナダ、イタリア、オーストラリア、シンガポール、スペイン、イギリス、ニュージーランドでは、店頭でのカード決済の半分以上が、タッチ決済になっております。

決済がめちゃくちゃ早い

タッチ決済のため、決済は早いです。
カードをかざすだけですから。
暗証番号やサインも必要ありません。
※一定額を超える支払いは、従来どおり暗証番号やサインが必要です。

ある調査によると、現金払いは平均16秒かかっているところ、タッチ決済では平均8秒と、半分の時間で支払いが完了するそうです。
決済の早さは、Suicaなどの電子マネーをイメージすれば、何となくわかると思います。

高いセキュリティで安全!

世界基準のセキュリティ規格EMVで高いセキュリティで守られています。
また、カードを店員に渡さないため、スキミングのリスクも低減されます。

どこで使えるの?使い方は?

対象店舗はこのマークのあるお店です。

EMV

現在のところ、ローソンやマクドナルドなど限られていますが、世界共通規格のため、これから増えていくことが期待されます。
より詳細な情報は公式ページを参照ください。

支払い時に、「VISAのタッチ決済で」または「VISAタッチで」、「クレジットで」と店員に伝えれば、支払い可能です。

私は、マクドナルドで「VISAタッチで」と言いましたが、伝わらず、「クレジットで」と言ったら、支払いができました。

まとめ

  • VISAタッチとは、VISAが提供しているタッチ決済
  • クレジットカードだけでなく、デビットカードやプリペイドカードもある
  • 海外では普及している決済方法で、海外でもそのまま使える。
  • 国内で使えるお店はまだ限定的だが、これから増えていく

海外でもそのまま使えるカードですので、一枚は持っていても損はしないと思います。
以前、スペインに旅行に行った時の話ですが、VISAタッチ未対応のクレジットカードで支払おうとして、カードを出したところ、店員が「ここにタッチして」と促してきたことがあります。
それだけ、海外では当たり前の決済方法になっています。

EMVコンタクトレスカテゴリの最新記事