ANAマイルがザクザク貯まる還元率が高くてコスパ最強なクレジットカードはどれ?

ANAマイルがザクザク貯まる還元率が高くてコスパ最強なクレジットカードはどれ?

ANAマイルを効率的に貯めるためには、クレジットカード選びが重要です。

日常生活でかかる費用をクレジットカードで支払うことで、マイルを獲得できるためです。

しかし、ANAマイルを貯められるクレジットカードは数多くあり、どれを選べば良いか迷ってしまいますよね。

そこで、今回は、年会費、還元率、特典などからANAマイルを貯めるのに最適なクレジットカードを再検証してみました。

維持費を抑えて効率よく稼ぐ!!

維持費を抑えて効率よく稼ぐには、「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」です。

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードの特徴は以下の通りです。

tokyu_card
年会費初年度:無料
次年度以降:2200円(税込)
還元率(マイル交換時)通常:0.5%
10マイルコース:1% ※移行手数料:6600(税込)/年
マイル移行手数料6600(税込)/年
クレジットカード
ポイント有効期限
2年間
ご搭乗ボーナスマイル10%
家族カード初年度:無料
次年度以降:1100(税込)
海外旅行傷害保険自動付帯(傷害・疾病治療費用なし)
国内旅行傷害保険自動付帯(航空機搭乗中のみ、傷害・疾病治療費用なし)
ショッピング保険○(海外、国内リボ分割のみ)
航空便遅延補償
Apple Pay
電子マネーPASMO
楽天Edy
iD
PiTaPa(追加カード)
ETC
年会費:550円(初年度無料、前年1回以上の利用で無料)
発行期間2~3週間
空港ラウンジ
ANAラウンジ
特典入会・継続ボーナス1000マイル
WEB明細書サービスで次年度年会費500円(税抜)割引
マイ・ペイすリボの登録+年1回以上のリボ払い手数料のお支払いで、年会費751円+税
TOKYU POINT加盟店の利用でクレジットカードのポイントに加えて、TOKYU POINTを獲得

なぜ「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」か?

年会費や還元率、特典は他のANA一般カードと同レベルでありながら、TOKYU POINTも貯められるためです。

TOKYU POINT加盟店での支払いで、クレジットカードのポイント(ワールドプレゼントポイント)に加えて、TOKYU POINTも貯められ、このTOKYU POINTもANAマイルへの交換が可能です。

なお、東急圏に住んでいなくても「ハピタス」「モッピー」などのポイントサイトから高還元でANAマイルへ交換が可能なため、メリットがあります

これについては、後ほど説明します。

まず、一般カードとの比較ですが、年会費、還元率、付帯保険、特典に大きな差はありません。

「ANA JCBカード ZERO」に限っては、29歳以下の申し込みに限り、5年間年会費が無料になりますが、還元率は0.5%で、効率的には貯められません。

また、0.6%の還元率で、年会費無料のOrico Card THE POINTカードがありますので、ANA JCBカード ZEROをあえて選択する理由はありません。

以下が、一般カードとの比較になります。

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード ANA JCB一般カード ANA VISA 一般カード ANAマスター一般カード ANA JCBカード ZERO ANA To Me CARD PASMO JCB ANA VISA Suicaカード ANA VISA nimoca カード
年会費 初年度:無料
次年度以降:2200円(税込)
初年度:無料
次年度以降:2200円(税込)
初年度:無料
次年度以降:2200円(税込)
初年度:無料
次年度以降:2200円(税込)
5年間無料 初年度:無料
次年度以降:2200円(税込)
初年度:無料
次年度以降:2200円(税込)
初年度:無料
次年度以降:2200円(税込)
還元率(マイル交換時) 通常:0.5%
10マイルコース:1%
通常:0.5%
10マイルコース:1%
通常:0.5%
10マイルコース:1%
通常:0.5%
10マイルコース:1%
通常:0.5%
10マイルコース:なし
通常:0.5%
10マイルコース:1%
通常:0.5%
10マイルコース:1%
通常:0.5%
10マイルコース:1%
マイル移行手数料 10マイルコース
6600円(税込)/年
10マイルコース
5500円(税込)/年
10マイルコース
6600円(税込)/年
10マイルコース
6600円(税込)/年
10マイルコース
5500円(税込)/年
10マイルコース
6600円(税込)/年
10マイルコース
6600円(税込)/年
クレジットカード
ポイント有効期限
2年間 2年間 2年間 2年間 2年間 2年間 2年間 2年間
ご搭乗ボーナスマイル 10% 10% 10% 10% 10% 10% 10% 10%
家族カード 初年度:無料
次年度以降:1100円(税込)
初年度:無料
次年度以降:1100円(税込)
初年度:無料
次年度以降:1100円(税込)
初年度:無料
次年度以降:1100円(税込)
5年間無料 初年度:無料
次年度以降:1100円(税込)
初年度:無料
次年度以降:1100円(税込)
海外旅行傷害保険 自動付帯(傷害・疾病治療費用なし) 自動付帯(傷害・疾病治療費用なし) 自動付帯(傷害・疾病治療費用なし) 自動付帯(傷害・疾病治療費用なし) 自動付帯(傷害・疾病治療費用なし) 自動付帯(治療費用なし) 自動付帯(治療費用なし)
国内旅行傷害保険 自動付帯
(航空機搭乗中のみ)
傷害・疾病治療費用なし)
自動付帯
(航空機搭乗中のみ)
傷害・疾病治療費用なし)
自動付帯
(航空機搭乗中のみ)
傷害・疾病治療費用なし)
自動付帯
(航空機搭乗中のみ)
傷害・疾病治療費用なし)
自動付帯
(航空機搭乗中のみ)
傷害・疾病治療費用なし)
自動付帯
(航空機搭乗中のみ)
傷害・疾病治療費用なし)
自動付帯
(航空機搭乗中のみ)
傷害・疾病治療費用なし)
ショッピング保険 ○(海外、国内リボ分割のみ) ○(海外) ○(海外、国内リボ分割のみ) ○(海外、国内リボ分割のみ) ○(海外) ○(海外) ○(海外、国内リボ分割のみ) ○(海外、国内リボ分割のみ)
航空便遅延補償
Apple Pay
電子マネー PASMO
楽天Edy
iD
PiTaPa(追加カード)
楽天Edy
QUICPay
PiTaPa(追加カード)
楽天Edy
iD
PiTaPa(追加カード)
楽天Edy
iD
PiTaPa(追加カード)
楽天Edy
QUICPay
PiTaPa(追加カード)
PASMO
楽天Edy
iD
PiTaPa(追加カード)
Suica
楽天Edy
iD
PiTaPa(追加カード)
nimoca
楽天Edy
iD
PiTaPa(追加カード)
ETC
年会費:550円
(初年度無料、前年1回以上の利用で無料)

年会費:無料

年会費:550円
(初年度無料、前年1回以上の利用で無料)

年会費:550円
(初年度無料、前年1回以上の利用で無料)

年会費:無料

年会費:無料

年会費:550円
(初年度無料、前年1回以上の利用で無料)

年会費:550円
(初年度無料、前年1回以上の利用で無料)
空港ラウンジ
ANAラウンジ

年会費は安いのか?

ANA一般カードの年会費は一律2200円です。

しかし、VISAとマスターカードは、マイ・ペイすリボの登録と年1回以上のリボ払い手数料を支払うことで、割引になります。

しかし、年1回以上のリボ払い手数料を支払うというのが、少し難易度を上げています。

以前は、マイ・ペイすリボの登録だけで割引になっていましたが、変更になりました。

やり方としては、ある特定の月の支払い時に、リボ払いの設定金額を支払額のギリギリ下に設定し、少額の手数料を支払うという手があります。

しかし、支払い後、リボ払いの設定金額を再度上げ忘れると、永遠と手数料を払うことになりかねません。

リボ払いの金利は15%と、決して安くはありません。

しっかりと設定金額の管理ができるのであれば良いですが、万が一、設定を忘れてしまったときに損失が大きくなり、年会費割引のために行ったはずが、結果的に、多く支払ってしまったということも起こりえます。

それも、雪だるま式に支払い残額が増えていく可能性もあります。

そのため、マイ・ペイすリボによる年会費割引は、今はあまりおすすめはできません。

一方で、もう1つの割引手段があります。

それは、紙の明細書からWEB明細書サービスに切り替えるという方法です。

紙の明細書は届かなくなりますが、WEBで見れるので、特に不自由はしません。

そして、WEB明細書サービスにするだけで、年会費が500円(税抜)の割引になり、年会費は1500+税(1650円)になります。

さて、この1650円という年会費(割引後)は高いのでしょうか?

クレジットカードに年会費を払いたくないという人もいると思いますが、実は、1650円は元を取れる年会費になっています。

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードは毎年の更新時に1000マイルのボーナスマイルが貰えます。

航空券に交換すれば、1マイル=2円以上の価値があると言われています。

そのため、1000マイル=2000円程度の価値があるということです。

つまり、1650円の年会費は必要ですが、2000円分以上のマイルが毎年もらえるので、実質年会費無料に近いとも言えます。

でも、「もらえるのはマイルでしょ?」という方もいるかも知れませんが、よく考えてみてください。

そもそも航空券に交換するためにマイルを貯めており、貯ればマイルを使うので、マイルで還元されても問題ないはずです。

マイルを使えないかもというようなことを考えるのであれば、マイル以外の別のポイントを貯めたほうが良いと思います。

10マイルコースにするために、マイル移行手数料は払うべきか?

クレジットカードのポイント(ワールドプレゼントポイント)からANAマイルへ交換する時に、2種類のコースを選択できます。

  • 1ポイント=5マイルの交換レート
  • 1ポイント=10マイルの交換レート ※別途手数料有り

1ポイント=5マイルは、通常の交換レートで、無料で交換ができます。

一方、10マイルコースを提供しており、6600円の手数料がかかりますが、1ポイント=10マイルの交換レートで、ANAマイルに交換が可能です。

この手数料は一見高そうに見えますが、結論から言うと、払うべきです。

払うのと払わないのとでは、貯まる効率が全く異なります。

例えば、年間200万円の支出があるとします。

通常の還元率である0.5%の場合、10,000マイルしか貯まりませんが、10マイルコースの場合、還元率が1%になるので、20,000マイルになります。

10,000マイルの差がありますが、1マイル=2円で換算すると、20,000円の差になります。

6600円の手数料はかかりますが、十分に元を取れる計算になります。

また、この手数料を実質的に安くするテクニックがあります。

この移行手数料は毎年自動的にかかるのではなく、毎年最初のマイルへの交換時にかかります。

マイルへの交換がない年は、この移行手数料はかかりません。

クレジットカードのワールドプレゼントポイントの有効期限は2年間です。

そこで、2年に1回まとめてマイルへの交換をします。

そうすると、6600円の半分で、実質3300円/年の移行手数料になります。

この3300円であれば、年間16,5000円の支出で元が取れるため、難しいことはありません。

また、通常還元率0.5%と比較しても、年間33万円以上の支出で、10マイルコースの方がお得になります。

年間33万円であれば、光熱費や携帯料金などの固定費、普段のスーパーの買い物なども全てクレジットカードで支払うことですぐに達成可能です。

通常レートと10マイルコースの比較

ポイントサイトから高レート交換が可能!

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードの最大のメリットと言っても良いかもしれません。

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードでTOKYU POINTを貯めることができ、そのTOKYU POINTは75%の交換レートでANAマイルに交換ができます。

これを利用することで、各種ポイントサイトで得たポイントをTOKYU POINTを経由することで75%の交換レートでANAマイルに交換が可能になります。

通称、「TOKYUルート」と呼ばれている方法です。

2019年末までは「ソラチカルート」と呼ばれるLINEポイントを経由する方法がベストでしたが、LINEポイントの改悪により、今では使えなくなってしまいました。

その代替として生まれたのがTOKYUルートです。

各種ポイントサイトから、一度ドットマネーを経由することで、TOKYU POINTに交換が可能です。

そして、TOKYU POINTからANAマイルに交換します。

一見、何もすごそうには見えないですが、楽天市場やYahoo!ショッピングなどの購入でポイントを得られるので、ANAマイルへ交換が可能ですし、何よりもファンくるのポイント交換が大きいです。

ファンくるは、飲食店などの覆面調査を提供しているサービスで、覆面調査に協力すると、飲食代の50%(還元率は飲食店によって異なる)がポイントで還元されます。

つまり、飲みに行って、二人で10000円の会計だった場合、5000円分のポイントが得られます。

その5000ポイントは、75%の交換レートでANAマイルに交換ができるので、3750マイルを獲得できます。

覆面”調査”なので、ポイントを獲得するためには、調査結果をファンくるに送る必要がありますが、写真を撮ったり、アンケートに答えるだけですので、難しいものではありません。

飲みに行って調査結果を送るだけで、3750マイル獲得できるんですから、とてもお得です。

デメリットはないの?

ここまで良いところを紹介してきましたが、デメリットももちろんあります。

他のANA一般カードにも言えることですが、付帯保険は十分ではありません。

保険には、自動付帯と利用付帯の2種類があります。

  • 自動付帯・・・カードを持っているだけで自動的に保険適用対象になる
  • 利用付帯・・・航空券やパッケージ旅行代金などの旅行料金をカードで支払うことで保険適用対象になる

ANA一般カードは、海外旅行保険も国内航空保険も自動付帯ではあります。

しかし、その補償内容をみると、一番重要ともいえる傷害・疾病治療費用がついていません。

海外でケガや病気にかかっても、その治療費は全て自腹になってしまいます。

次にデメリットといえるものは、搭乗ボーナスマイルが低いことです。

他のANA一般カードと同じですが、ANAカードの中で一番最低の10%です

そのため、ANA便をよく利用する人は損をしているかもしれません。

保険とボーナスマイルをカバーするには、ANAワイドゴールドカードがおすすめです。

次回、一般カードとワイドゴールドを比較し、どんな人におすすめかを紹介します。

まとめ

  • 維持費を抑えて効率よく稼ぐには、「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」
  • 年会費は元が取れる
  • 10マイルコースに申し込むべし
  • TOKYUルートでポイントサイトから高レートでマイルへ交換可能
  • 付帯保険とボーナスマイルはいまひとつ
  • 次回は、ワイドゴールドの有用性を検証

申込みは、こちら

クレジットカードカテゴリの最新記事