Tポイントが効率的に貯まるクレジットカードは?高還元カード5枚を徹底比較すると、あのカードが圧勝!

元祖共通ポイントともいえるTポイント。街中で貯めやすい使いやすいポイントで、節約としても使うことができます。

今回はTポイントを効率的に貯めることができるクレジットカードを紹介します。

年会費が無料で還元率が高いクレジットカードを5種類選び抜き、それぞれ比較していきます。

この記事でわかること

  • Tポイントを効率的に貯めることができるクレジットカード
  • おすすめの理由
  • 比較した各クレジットカードの特徴

Tポイントを貯めるならTカードPrimeを作れ!

早速結論ですが、Tポイントを効率的に貯めるならTカードPrimeを使うべきです。

理由は年会費が無料でありながら、通常の還元率が1%と高いためです。さらに、日曜日の還元率が1.5%になるという特典もあり、効率的にTポイントを貯めることができるからです。

それだけでなく、海外旅行保険が自動付帯という優れものです。

詳細を説明していきます。

比較しクレジットたカードは5種類!

今回比較したのは以下の5種類のクレジットカードです。

この5種類を選んだ理由は、Tポイントを貯めることができるクレジットカードで、年会費無料で、還元率が1%以上だからです。

それぞれのクレジットカードの特徴をまとめると以下の通りです。

Tカード PrimeOrico Card THE POINTYahoo! JAPANカードTカードプラスPREMIUM三井住友カード デビュープラス
年会費(初年度)無料無料無料無料無料
年会費(次年度以降)1250(税抜) *1無料無料2,500円(税抜) *11250(税抜) *1
還元率1.0%1.0%1.0%1.0%1.0%
特定条件の還元率1.5%2.0%1.5%2.5%
付与ポイントTポイントオリコポイントTポイントTポイントVポイント

Tポイントへの交換レート
100%100%100%100%100% *3
Tポイントポイント付与率1.0%1.0%1.0%1.0%1.0%
Tポイント付与率(特別条件)1.5%2.0%1.5%2.5%
国際ブランドMastercardMastercard
JCB
VISA
Mastercard
JCB
Mastercard
JCB
VISA
ETC無料無料500円(税抜)無料 *2初年度無料
次年度以降500円(税抜) *1
電子マネーQUICPayiD
QUICPay
QUICPayiD
PiTaPa
WAON
家族カードなし無料無料なし初年度無料
次年度以降440円(税抜) *1
Apple Pay
海外旅行保険自動付帯なしなしなしなし
 傷害死亡
 ・後遺障害
最高2,000万円
 傷害治療費用200万円限度
 疾病治療費用200万円限度
 賠償責任2,000万円限度
 携行品の損害20万円限度
 救援者費用等200万円限度
その他18~25歳限定

*1 年1回以上の利用で無料
*2 発行手数料1,000円(税抜)
*3 交換手数料あり

この表を見てわかる通り、通常の還元率は1%で横並びです。特定条件を満たした場合の特別な還元率は三井住友カード デビュープラスが2.5%となっており、最も高いです。しかし、2.5%になる条件は後述する限定の店舗でしか実現できません。

一方で、Tカード Primeは日曜日であれば、どこでも還元率が1.5%になります。そのため、Tカード Primeの方が使いやすいと言えます。

なぜTカード Primeをおすすめするのかという理由も含め、それぞれのクレジットカードの特徴について説明していきます。

Tカード Primeが一番のおすすめ!

Tカード PrimeはJACCSが発行しているクレジットカードです。

年会費は初年度無料で、次年度以降は1,250円(税抜)です。ただし、年1回以上の利用で無料になるため、実質無料と言えます。

通常の買い物における還元率は1%です。一般的なクレジットカードの還元率は0.5%のため、高い部類になります。付与されるポイントはTポイントです。

Tカード Primeの特徴は、毎週日曜日はポイントが3倍(1.5%還元)になることです。日曜日という限定ではありますが、1.5%というのは他にはない還元率の高さになります。そのため、買い物はなるべく日曜日にまとめた方が良いでしょう。

さらに、年会費無料のクレジットカードとしてはめずらしく、海外旅行保険が自動付帯になっています。自動付帯というのは、そのクレジットカードを持っているだけで保険適用対象となるというものです。一般的な年会費無料のクレジットカードに付帯される海外旅行保険は利用付帯であることが多く、旅行費用をそのクレジットカードで支払わないと保険適用対象にならないという条件が付きます。そのため、Tカード Primeは海外旅行に行くときにも安心です。

以上より、Tカード PrimeはTポイントを貯めるという観点では一番おすすめするクレジットカードです。

Tカード Primeには大きなデメリットはありませんが、強いて挙げるとすれば、家族カードがないことです。家族カードも発行して、家族全員で効率的に貯めようということはできません。

Tカード Primeの詳細はこちら

Orico Card THE POINTはネットショップ使うならアリ

Orico Card THE POINT

Orico Card THE POINTはオリコカードが発行しているクレジットカードです。

年会費は無料です。

還元率は1%となっており、Tカード Primeと同じです。

付与されるポイントはオリコポイントです。オリコポイントは交換レート100%でTポイントに交換ができるため、Tポイントの付与率は1%となります。

Amazonなどのネットショップを利用する際に、直接Amazonのサイトにアクセスするのではなく、オリコモールと呼ばれるサイトを経由することで、さらに追加のポイントを獲得することができます。

追加ポイントは、そのネットショップによって異なりますが、Amazonの場合は+1%となり、通常のポイントと合わせて2%の還元率になります。そのため、Amazonをよく利用する人にとっては、Orico Card THE POINTは有力な1枚になる可能性があります。

Tカード Primeを使うべきか、Orico Card THE POINTを使うべきかを判断する目安としては、Amazonなど2%以上の還元率になるネットショップの利用額が、日曜日に利用する額の半分以上の場合、Orico Card THE POINTの方がお得になります。

もし、クレジットカードを複数枚作ることに抵抗がなければ、両方とも発行し、AmazonではOrico Card THE POINT、日曜日はTカード Primeを使うといったように、使い分けるのも良いかもしれません。

Orico Card THE POINTのもう1つのメリットは、他のポイントも貯めることができる点です。

付与されるポイントはオリコポイントというオリコカードのポイントです。このオリコポイントは、様々なポイントに交換ができます。人気のあるPontaポイントやdポイント、楽天ポイントに交換することができ、その時その時に必要なポイントに交換することが可能です。そのため、どのポイントを貯めるか迷っているような場合は、とりあえず、オリコポイントを貯めておいて、必要な時に必要なポイントに交換するという使い方もおすすめです。

Orico Card THE POINTの唯一の欠点は、海外旅行保険が付いていないことです。そのため、海外旅行に行く際は、保険に入るか他のクレジットカードを作るなどの対応が必要になります。

Orico Card THE POINTの詳細はこちら

Yahoo! JAPANカードはあまりメリットがない?

Yahoo! JAPANカード

Yahoo! JAPANカードは、ワイジェイカードが提供しているクレジットカードです。

年会費は無料です。

還元率は1%で、付与されるポイントはTポイントになります。

デメリットとしては、Tポイント付与率が1%以上になる特定の条件がないことです。Yahoo!ショッピングやLOHACOの利用でPayPayボーナスを1%獲得できますが、Tポイントではありません。Tポイントにこだわらない方にとっては良いかもしれませんが、この記事を読んでいる方はTポイントを貯めたい方だと思うので、おすすめはできません。

また、Tポイント提携店でTカード提示することでポイントをもらえますが、これはTカード Primeも同じです。

さらに、ETCカードの年会費も有料となっており、これもデメリットの1つです。

以上より、Tポイントを貯めるためのクレジットカードとしては、Tカード Primeの下位互換になってしまい、あえてYahoo! JAPANカードを選択理由はありません。

Yahoo! JAPANカードの詳細はこちら

TカードプラスPREMIUMもメリット少ない

TカードプラスPREMIUM

TカードプラスPREMIUMは、アプラスが発行しているクレジットカードです。

年会費は初年度無料で、次年度以降は2,500円(税抜)です。ただし、年1回以上の利用で無料のため、実質無料と言えます。

通常の還元率は1%で、付与されるポイントはTポイントです。

さらに、特定の店舗での買い物はさらに+0.5%(合計1.5%)の還元があります。

特定店舗は以下の店舗です。

  • TSUTAYA
  • 蔦屋書店
  • 洋服の青山
  • ザ・スーツカンパニー
  • ニッポンレンタカー
  • エディオン
  • 100満ボルト

デメリットは、特定店舗の数が少ない点です。これらのお店を頻繁に利用する人にとっては有力なクレジットカードかもしれませんが、Tカード Primeであれば日曜日ならどこでも1.5%還元になるので、Tカード Primeの方が使いやすいと考えています。

また、ETCカードも発行手数料がかかり、この点でもTカード Primeに劣っているといえます。

そのため、TカードプラスPREMIUMもおすすめはできません。

TカードプラスPREMIUMの詳細はこちら

三井住友カード デビュープラスは特定ユーザーはアリかも

三井住友カード デビュープラス

三井住友カード デビュープラスは、三井住友カードが発行しているクレジットカードです。

初めてクレジットカードを持つ人向けに作られたクレジットカードで、他のクレジットカードと異なる特徴として、入会条件に18~25歳の方限定といった年齢制限があります。

年会費は初年度無料で、次年度以降は1,250円(税抜)となっています。ただし、年1回以上の利用で無料のため、実質無料と言えます。

還元率は1%で、通常の三井住友カードよりも2倍の設定になっています。

付与されるポイントはVポイントという三井住友カードのポイントです。

VポイントはTポイントに直接交換する場合、交換レートは80%となります。つまり、1,000ポイント交換した場合、Tポイントは800ポイントになってしまいます。

一方で、PeXというポイントサイトを経由することでも、Tポイントに交換ができます。Vポイント→PeXは交換レート100%で、PeX→Tポイントも交換レート100%のため、このルートを使うとVポイントはTポイントに交換レート100%で交換が可能です。そのため、Tポイントの付与率はそのまま1%となります。

ただし、このルートでも、PeX→Tポイントの交換の際は、交換手数料として500PeXポイントがかかります。そのため、交換するポイント数にもよりますが、実質還元率は100%にはなりません。たまに手数料無料のキャンペーンをしていますので、そのタイミングを狙うのもアリだと思います。

VポイントからTポイントへ交換

三井住友カード デビュープラスの特徴として、セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、マクドナルドはポイントが5倍(2.5%還元)になることです。コンビニやマクドナルドを頻繁に利用している人にはお得な1枚かもしれません。

デメリットは、Tポイントに交換するためにPeXという別のポイントを経由しなければならない手間と手数料でしょう。還元率はTカード Primeと変わらないのに、手間と手数料がかかるため、あえてこのクレジットカードを選択する理由はないと思います。

さらに、年齢制限があるため、対象外の人も多いでしょう。

このクレジットカードの発行をおすすめする人は、18~25歳で、コンビニとマクドナルドを多用するような方です。コンビニやマクドナルドは「三井住友カード デビュープラス」、それ以外は「Tカード Prime」という併用も良いと思います。

三井住友カード デビュープラスの詳細はこちら

まとめ

  • Tポイントを貯めるならTカード Primeがおすすめ!
  • Tカード Primeは還元率1%、毎週日曜日は1.5%!
  • 海外旅行保険も自動付帯
  • 利用店舗によって、Orico Card THE POINTや三井住友カード デビュープラスとの併用もおすすめ!
この記事を書いた人

ユキヒト

キャッシュレス、ANA陸マイラー歴15年のサラリーマンブロガー。ズボラな性格なので、還元率やお得情報を常に追い続けることに、一時期疲れを感じ、最高率を求めない気軽なキャッシュレス生活を実践。それでも、マイルで何度も旅行。現時点でも、ビジネスクラスで2人でハワイ往復する程度はマイル保有中!キャッシュレス・マイラー歴は長いが、還元率やお得情報については、まだまだ勉強中。気軽なキャッシュレスの体現方法の他、最新のキャッシュレスやお得情報、また、興味のある投資や資産形成、最新家電・ガジェットなども発信しています。さらに、ブログ収益化も実験中で、目指すはセミリタイヤ!よろしくお願いします!Twitterフォローはこちら