楽天ポイントを貯めるのに最適なクレジットカードを再検証!やっぱり楽天カード?

クレジットカードを選ぶときはポイントの出口戦略が重要です。どのポイントをためるか、貯めたポイントを何に使うかという意味です。

楽天ポイントは、買い物や旅行などの幅広い楽天サービスだけでなく、日常的な出費の節約にも使用でき、様々な用途があるため、貯めるのに人気なポイントの1つですよね。

そこで、楽天ポイントが貯まりやすいクレジットカードを最新情報を元に見直してみました。

この記事でわかること

  • 楽天ポイントを貯めるのに最適なクレジットカード
  • そのクレジットカードのメリットとデメリット
  • そのクレジットカードを使うべきおすすめの人

楽天ポイントを貯めるならやっぱり楽天カード?

先に結論を言うと、楽天ポイントを貯めるなら、やはり楽天カードという結果になります。この理由は、この後説明していく、還元率の高さです。

他の還元率が高いと言われるクレジットカードと比較した結果、楽天カードになります。

楽天カード

楽天ポイントに交換できるクレジットカードで比較!

今回比較したクレジットカードは、楽天ポイントに交換できるポイントを貯められる還元率1%以上、かつ、年会費が無料(実質無料含む)のものです。

年会費が実質無料というのは、年1回以上の利用で年会費無料になるという意味です。

具体的に比較したのは以下のクレジットカードです。

いずれも高還元と言われるクレジットカードです。

高還元クレジットカードとして有名なリクルートカードやREX CARDは、楽天ポイントに交換ができないので、除外しています。

(交換できないこともありませんが、他のポイントを経由する必要がある上、交換レートが良くないので除外しました)

また、「JCB CARD W」と「三井住友カード デビュープラス」は還元率は高いですが、入会に年齢制限があることにも注意が必要です。

以下が一覧表です。

楽天カードOrico Card THE POINTJCB CARD W三井住友カード デビュープラス
年会費(初年度)無料無料無料無料
年会費(次年度以降)無料無料無料1250(税抜)
付与ポイント楽天ポイントオリコポイントOki DokiポイントVポイント
楽天ポイントへの交換レート100%100%80%100%
通常付与率
(楽天ポイントに換算)
1.0%1.0%0.8%1.0%
楽天市場利用時の付与率
(楽天ポイントに換算)
3.0%2.5%2.2%2.5%
その他入会は39歳以下限定18歳~25歳の方限定

*1 年1回以上の利用で無料

上記表からもわかるように、JCB CARD W以外は、通常1%相当の楽天ポイントを貯めることができます。

しかし、楽天市場での買い物の場合、楽天カードが3%と他よりも付与率が高くなります。

やはり、楽天のクレジットカードだけあり、一番お得という結果になりました。

なお、表の楽天市場利用時の付与率は、楽天市場の買い物による通常1%付与分も含んでいます。

詳細を説明していきます。

楽天カード

言わずと知れた、楽天のクレジットカードです。

年会費は無料でありながら、通常の買い物で1%の楽天ポイントが付与されます。

一般的なクレジットカードは0.5%還元と言われているので、1%というだけでも、とてもお得な設定になっています。

それでありながら、やはり楽天関連のサービスではさらに付与率がUPします。

例えば、楽天市場での買い物の場合、以下のように付与率が3%になります。

項目付与率
楽天市場の利用(楽天会員)1%
楽天カードによる支払い(通常分)1%
楽天カード支払いによるボーナス1%
合計3%

実は、他の楽天サービスも活用することで、付与率がどんどんUPし、楽天市場での買い物場合、最大16%にもなります。

SPU(スーパーポイントアッププログラム)

SPU

そのため、楽天サービスをよく利用する人にとっては、どんどん使うべきクレジットカードになります。

楽天カードの詳細はこちら

Orico Card THE POINT

Orico Card THE POINT

Orico Card THE POINTはオリコカードが発行しているクレジットカードです。

Orico Card THE POINT通常の還元率は1%で、貯まるポイントはオリコポイントです。

このオリコポイントは楽天ポイントに1:1(100%)の交換レートで交換が可能です。

そのため、楽天ポイント付与率も通常は1%となります。

また、Orico Card THE POINTは、楽天市場での買い物で還元率をプラスする方法があります。

それは、オリコモールというサイトを経由して、楽天市場で購入する方法です。

オリコモールとは、オリコカードが運営するサイトで、Amazonや楽天など様々なサービスをオリコモール経由で利用することで、追加のポイント還元が得らます。

経由と言っても、オリコモールのサイトから楽天市場へのリンクをクリックするだけで、あとは通常通り、楽天市場で購入します。

経由した場合のポイント付与率は、通常の楽天購入によるポイントも含めて以下ように、付与率は2.5%になります。

項目還元率楽天ポイント換算
楽天市場の利用(楽天会員) ※楽天ポイント1%1%
Orico Card THE POINTの還元 ※オリコポイント1%1%
オリコモールによる還元 ※オリコポイント0.5%0.5%
合計2.5%2.5%

楽天市場での買い物を考えると、楽天カードの方がよりお得となります。

Orico Card THE POINTは、入会6ヶ月間は、還元率が+1%になるキャンペーンを実施しています。

これを活用すると、楽天市場での買い物で楽天ポイント付与率が3.5%になり、楽天カードよりもお得になりますが、6ヶ月限定であるため、長期的に考えるとおすすめできません。

また、クレジットカードの特典の1つである旅行保険について見てみると、楽天カードには海外旅行保険が付いていますが、Orico Card THE POINTには海外旅行保険は付いていません

これらの理由からも、楽天ポイントを貯める目的で、Orico Card THE POINTを選択するのは、あまりメリットはありません。

JCB CARD W

JCB CARD W

JCB CARD Wは、JCBのプロパーカードの1つです。

少し特殊なカードで、入会条件として、39歳以下という年齢制限があります。

39歳になるまでに作ってしまえば、40歳以降になっても、継続して無料で利用できます。

また、一般のJCBカードよりも多くの特典があります。

まず、還元率は通常1%と、一般のJCBカードの2倍となっています。(1,000円毎に2ポイント=10円相当)

付与されるポイントは、Oki Dokiポイントというポイントです。

1Oki Dokiポイントは5円相当になります。

そして、Oki Dokiポイントは、1ポイント(5円相当)=4ポイント(4円相当)で楽天ポイントに交換ができます。(交換レート:80%)

そのため、楽天ポイントに交換すると、価値が目減りし、楽天ポイントの付与率としては、0.8%になってしまいます。

※1,000円支払い→2Oki Dokiポイント(10円相当=1%還元)=8楽天ポイント(8円相当=0.8%付与)

JCB CARD Wにも、Oki Dokiランドという経由することでポイントがもらえるサイトがあります。

Oki Dokiランドを利用することで、+1ポイント(+0.5%還元)になります。

そのため、通常の楽天購入によるポイントも含めて以下になります。

項目還元率楽天ポイント換算
楽天市場の利用(楽天会員) ※楽天ポイント1%1%
JCB CARD Wの還元 ※Oki Dokiポイント1%0.8%
Oki Dokiランドによる還元 ※Oki Dokiポイント0.5%0.4%
合計2.5%2.2%

獲得ポイントをそのままの価値で考えた還元率では2.5%になりますが、先述の通り、楽天ポイントに交換すると価値が目減りするため、2.2%の楽天ポイントになります。

そのため、楽天カードを使った方が良いです。

三井住友カード デビュープラス

三井住友カード デビュープラス

三井住友カード デビュープラスは、三井住友カードが発行しているクレジットカードです。

入会条件に25歳以下という年齢制限があります。三井住友カードの中でも、初めてクレジットカードを作る方向けのクレジットカードとなっています。

年会費は初年度無料で、次年度以降は1,375円(税込)がかかりますが、年1回以上の利用で無料となるため、実質無料と言えます。

他の三井住友カードとは違い、ポイントがずっと2倍(1%還元)付くという特典があります。

付与されるポイントは、Vポイントと呼ばれる三井住友カードのポイントです。

Vポイントは、1Vポイント=1楽天ポイントで交換できます。(交換レート:100%)

また、三井住友カードにも「ポイントUPモール」という経由するだけで、ポイントがもらえるサイトがあります。

ポイントUPモールを経由して楽天市場を利用することで、+1ポイント(0.5%還元)になります。

そのため、通常の楽天購入によるポイントも含めて以下になります。

項目還元率楽天ポイント換算
楽天市場の利用(楽天会員) ※楽天ポイント1%1%
三井住友カード デビュープラスの還元 ※Vポイント1%1%
ポイントUPモールによる還元 ※Vポイント0.5%0.5%
合計2.5%2.5%

付与率は2.5%なので、楽天カードの方がお得になる計算です。

また、三井住友カード デビュープラス入会後3ヶ月はポイントが5倍になるキャンペーンを実施しています。

これを活用すると、楽天ポイントの付与率は4%となり、楽天カードを超えます。

しかし、こちらも3ヶ月限定のため、長期的には楽天カードの方が良いでしょう。

なお、三井住友カード デビュープラスには、ポイント優待店でポイント5倍(2.5%還元)や選んだお店でポイント2倍(+0.5%還元)になる特典があります。

優待店はマクドナルド、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートです。

これらのお店では、ポイントが5倍になるので、2.5%還元になります。

選んだお店でポイント2倍になる対象店舗は、スーパーやドラッグストア、カフェなど身近であり、大手の店舗が多いです。

そのため、これらの対象店舗をよく利用し、かつ、楽天サービスをあまり利用していない場合に限っては、楽天カードよりも三井住友カード デビュープラスの方がお得になるケースも出てきます。

目安は、楽天サービスを利用していないユーザーが楽天市場で利用する金額を1としたときに、5倍対象店舗での利用額が1/3以上、かつ、2倍対象店舗での利用額が1以上の時に、三井住友カード デビュープラスがお得になる可能性が高いです。

ただ、楽天サービスを利用していない人が、楽天ポイントにこだわってポイントを貯める理由があるのかという気がします。

楽天カードには他のメリットも!

さて、4つのクレジットカードを比較した結果、楽天ポイントが貯まりやすいのは楽天カードという結果になりましたが、楽天カードはポイントの貯まりやすさだけでなく、他にもメリットがあります。

国際ブランドが選べる

JCB、VISA、Mastercard、American Expressの中から選ぶことができます。4種類も選択肢があるカードはあまり他にはありません。

自分に合ったブランドを選ぶことができます。

なお、利用店舗の多さで選ぶなら、VISAかMastercardをおすすめします。

学生や主婦でも審査が通りやすい

審査が通りやすいという特徴もあります。そのため、学生や主婦でも楽天カードを作ることができます。

初めてクレジットカードを持つ人にもおすすめできるクレジットカードです。

カード利用お知らせメールが届く

楽天カードの不正利用防止の観点で、楽天カードが利用されると登録したメールアドレスに利用状況の連絡が届きます。

万が一、不正利用があったとしても、すぐに気づくことができます。

ポイント優待店でさらに還元率UP

楽天カードにはポイント優待店というものがあり、この優待店で楽天カードを利用すると、ポイントが通常の2倍(お店によって異なる)がもらえます。

その優待店は、多岐にわたり、高島屋などのデパート、ドラッグストア、居酒屋などがあります。

これらのお店を利用する人は、さらに効率よくポイントを貯めることができます。

年会費無料で海外旅行保険が付帯

年会費無料でありながら、海外旅行保険が付帯されています。

ただし、利用付帯のため、自宅から空港までの交通費または海外旅行代金を楽天カードで支払った場合に保険適用となります。

補償内容は以下になります。

保険の種類保険金額
死亡後遺障害最高 2,000万円
傷害・疾病治療最高 200万円
携行品損害最高 20万円
賠償責任最高 2,000万円
救援者費用最高 200万円

ハワイにあるラウンジが利用できる

ハワイにある「楽天カードハワイラウンジ」が楽天カードの提示で利用できます。

ラウンジサービスには以下のものがあります。

  • カード盗難・紛失時のご相談
  • お荷物の当日中一時預かり
  • 温かいコーヒーや冷たいジュースのご提供
  • Wi-Fi
  • PC/プリンター
  • 傘貸し出し
  • 授乳室
  • キッズスペース
  • ベビーカーレンタル

休憩や子供連れの場合には重宝しそうです。

楽天カードのデメリットはないのか?

楽天カードのメリットを説明してきましたが、メリットばかりではなく、デメリットも実際はあります。

ETCカードの年会費が有料

楽天カードはETCカードの年会費が有料です。

発行手数料は無料ですが、年会費として500円(税抜)がかかります。年1回以上の利用で無料といった無料になる条件もありません。

広告メールが多い

確かに多いです。これは楽天カードに限らず、楽天の特徴かもしれません。

広告メールは購読のオン/オフが可能です。そのため、不要であれば、オフに設定しましょう。

まとめると楽天ユーザーに特におすすめ!

楽天カードはどこでも還元率1%以上で楽天ポイントを貯められる便利なクレジットカードです。誰が利用してもおすすめではありますが、特にお勧めするのは、以下のような人です。

  • 楽天ポイントを貯めている人
  • 楽天サービスを利用している人

日常の出費を楽天サービスにまとめることで楽天カードの力を最大限に発揮することができます。

楽天ポイントがザクザク貯まる楽天カード

まとめ

  • 楽天ポイントを貯めるなら楽天カード
  • 最も楽天ポイントが貯まりやすい
  • 楽天サービスを利用するとさらにポイントUP
  • 年会費無料でありながら、特典やメリットが多い
  • ETCカードが有料というデメリットもある
この記事を書いた人

ユキヒト

キャッシュレス、ANA陸マイラー歴15年のサラリーマンブロガー。ズボラな性格なので、還元率やお得情報を常に追い続けることに、一時期疲れを感じ、最高率を求めない気軽なキャッシュレス生活を実践。それでも、マイルで何度も旅行。現時点でも、ビジネスクラスで2人でハワイ往復する程度はマイル保有中!キャッシュレス・マイラー歴は長いが、還元率やお得情報については、まだまだ勉強中。気軽なキャッシュレスの体現方法の他、最新のキャッシュレスやお得情報、また、興味のある投資や資産形成、最新家電・ガジェットなども発信しています。さらに、ブログ収益化も実験中で、目指すはセミリタイヤ!よろしくお願いします!Twitterフォローはこちら