【二重取り・三重取り】Kyashを登録できるコード決済は?PayPay、LINE Pay、楽天Payに登録・チャージできる?メリットは?

【二重取り・三重取り】Kyashを登録できるコード決済は?PayPay、LINE Pay、楽天Payに登録・チャージできる?メリットは?

Kyashの還元率が2%→1%に減ったとはいえ、1%還元は大きいです。
(Kyashリアルカードの場合。バーチャルカードは0.5%)
もし、コード決済の支払い元に設定することができれば、ポイントを二重・三重に取ることができるのでは?と思う方もいると思います。
今回は、コード決済にKyashを登録・設定できるのかまとめてみました。

そもそもKyashとは?

Kyashは、VISAブランドのプリペイドカードです。
プリペイドカードなので、通常はチャージが必要ですが、クレジットカードをチャージ元に設定しておくことで、決済時に不足していた場合は、そのクレジットカードから自動チャージされ、支払われます。
つまり、まるでクレジットカードのように使用できるわけです。

公式サイトは、こちらになります。

Kyashの何がすごいのか?

Kyashで支払うことで、Kyashポイントで1%還元されます。
また、登録しているクレジットカードからチャージされるため、クレジットカードのポイントも付きます。
つまり、Kyashで支払うことで、Kyashポイント+クレジットカードポイントがたまり、二重取りができるのです。

また、Kyashはクレジットカードのように使用できるので、各種サービスにクレジットカードとして登録ができます。
例えば、Amazon、楽天などなど・・・
ただし、厳密にはクレジットカードではないため、一部登録できないサービスもあります。

同じ要領で、PayPayやLINE Payなどのコード決済サービスに登録できたら、どうなるでしょうか?
コード決済サービスの還元+Kyashポイント+クレジットカードのポイントの三重どりが可能になるのでしょうか?

三重取りは可能?

Kyashを登録できるコード決済は?

では、Kyashを登録でき、メリットのあるコード決済は何があるでしょうか?
主要なコード決済サービスを例に、以下にまとめてみました。

サービスKyashを登録メリット還元率
(三重取り時)
備考
PayPay×2%
 PayPay:0%
 Kyash:1%
 クレカ:1%(仮定)
ヤフーカード以外は
PayPay還元対象外
LINE Pay×クレジットカードチャージ不可
楽天Pay
(備考参照)
2.5%
 楽天Pay:0.5%
 Kyash:1%
 クレカ:1%(仮定)
楽天Pay のアップデートで
登録カードは3Dセキュア対応が必須に。
これにより、新規のKyash登録は不可。
Origami Pay3%
 Origami Pay:1%
 Kyash:1%
 クレカ:1%(仮定)
銀行口座チャージの場合と
合計の還元率は同じ
d払い×
メルペイ×クレジットカードチャージ不可
au Pay×
FamiPay×ファミマTカードのみ対応

※還元率は、クレジットカードの還元率を1%と仮定して計算しています。各自ご利用のクレジットカード還元率で置き換えてください。

まとめ

上記の通り、Kyashをチャージ・支払い元に設定できるコード決済は、少ないです。
以前は、登録できたサービスでも、登録ができなくなるなど、減ってきているのが現状です。
記事で取り上げたサービスの中では、実質Origami Payだけといえます。
しかし、Origami Payも、銀行口座からチャージをする場合と、合計の還元率は同じため、高いメリットは感じません。
しかしながら、クレジットカードでマイルを貯めている人にとっては、マイルも貯まり、還元も得られるというメリットはあるかもしれません。

残念ながら、コード決済サービスにKyashを登録するメリットは少ないといえます。

キャッシュレスカテゴリの最新記事